お役立ち!賃貸アパート経営☆ノウハウ集

top > 賃貸アパート経営の豆知識 > 何十年先まで安定するアパート賃貸

何十年先まで安定するアパート賃貸

 アパート賃貸経営の魅力とはいったい何なのでしょうか。
それはある意味で計り知れないものがあるという事です。
それは良い立地の場所に、ニーズのあるアパートを建てることが出来れば、何十年先まで入居率が安定して、毎月定期的な家賃収入が入り続けるという事です。
これは年金不安や雇用不安が当たり前になった現代にとって、大変魅力的な商売であります。
もちろん良い立地に建てることが前提になりますし、人気のあるアパートの間取りなども年々変わってゆきますから、その時代に応じた間取りなどを考えてゆく必要性が出てきます。
それは経営するオーナーの腕にかかっていると言えるでしょう。
時代にそぐわないようなアパートや、人が集まらないような辺鄙な場所に、アパートを建てたとしても意味がありません。

 アパートには基本的に木造や軽量鉄骨、重量鉄骨などのいろいろな構造で建てることが可能です。
マンションというと、鉄筋コンクリート造りのイメージが昔から強いですが、アパートは木造も含めていろいろな構造に出来るのが魅力ではないでしょうか。
木造アパートであれば建設費用も抑えられますし、現代では木造も大変丈夫になっていますから、きちんと修繕を重ねれば、何十年先まで安定した経営を続けることが可能です。
基本的には修繕は15年目や30年目に大規模なものを行うことが多いです。
それ以外にも小さな修繕や、入居者が退去した後のクリーニングなどもあります。
費用はその都度掛かりますが、次の入居者に心地よく済んでもらうためには、大家が費用を出し惜しみせずに、きちんと部屋を元通りにすることが大切です。

 アパートは土地があれば後は上物だけの費用で建てることが出来ますが、土地がない場合には土地から購入する必要があります。
その場合にはなぜその土地にアパートを建てるのか、という理由が必要になります。
需要のない所にアパートを建てても仕方がありませんし、空室が続いた場合には金融機関からの借入金を、返済することが困難になることも考えられます。
アパート経営にはたくさんの魅力があります。
もしも始める場合には借入金の返済計画や利率、アパートの満室時の利回りや、空室が出たときの対処の方法などを学んでおくことが大切です。
そのほかにも地震や火事、水害や風害などのための対策として、保険に加入しておくことが大切になります。
そのようなオーナーの危機管理能力があれば、長い経営を維持してゆくことが可能になるのです。

次の記事へ