お役立ち!賃貸アパート経営☆ノウハウ集

top > 賃貸アパート経営の豆知識 > 少子化の問題点と都会エリアの賃貸がおすすめの理由

少子化の問題点と都会エリアの賃貸がおすすめの理由

 賃貸のアパート経営を検討しますと、色々な不安点が浮上してくる事もあります。
その1つは少子化です。
少子化は、しばしば人口に影響を及ぼしています。
子供が少ない地域ですと、人口も少なくなってしまうからです。
郊外エリアですと、やや少子化が進んでいるケースも多く、やや人口も少ない傾向があります。
ところでアパート経営のポイントの1つは、入居者の確保です。
家賃収入を目的に経営するなら、入居者は確保する必要があります。
ですが人口が少ない地域ですと、なかなか入居者を確保できません。
人が集まりづらいので、空室リスクも高くなってしまう傾向があります。
肝心の家賃が入ってこなければ、赤字になってしまいかねません。
ですから不動産投資をしている方々にとっては、少子化の問題は少々深刻です。

 ところで不動産投資をするなら、地域も選ぶ事になります。
多くの方々は利回り数字などに注目して、郊外エリアの物件に目を向けています。
都会エリアと比べると、郊外エリアは利回りの数字は高めだからです。
しかし郊外エリアには、上述の空室率に関するデメリットがあります。
その地域ですと、やや人が集まりづらい傾向があります。
交通アクセスが充実していなければ、なかなか入居者を確保できません。
しかし都会エリアは、また話が大きく異なります。
都会の場合は、全体的に人が集まりやすい傾向があります。
その主な理由は、交通の利便性です。
郊外エリアと違って、都会エリアなら自家用車も不要です。
電車網が非常に発達していますから、わざわざ自家用車に乗らなくても、問題なく移動できます。
ですから都会エリアは入居者が集まりやすい傾向があります。

 それと上述の少子化の問題ですが、確かに郊外エリアではその傾向は見られます。
しかし都会エリアの場合は、また話が大きく異なります。
郊外エリアとは環境が大きく異なりますから、都会エリアは多子化が進んでいます。
特にその傾向が顕著なのは、東京エリアです。
日本全国の中でも、人口が非常に多い地域でもありますし、総じて賃貸物件のニーズが多い地域です。
ですからアパート経営で成功したいなら、少子化が進んでいる郊外エリアではなく、都会エリアに注目してみる方法があります。
郊外エリアよりも交通の利便性は優れていますし、全体的に入居者は集まりやすいです。
また東京エリアには、不動産投資の業者も沢山あります。
サポートが充実している業者も多いですし、アパート経営に関心がある方々は、しばしば都会エリアに注目しています。

次の記事へ