お役立ち!賃貸アパート経営☆ノウハウ集

top > 賃貸アパート経営の豆知識 > 賃貸の代行費用や管理コストを想定する

賃貸の代行費用や管理コストを想定する

 アパート物件を持ちますと、物件は管理しなければなりません。
築年数が古くなりますと、だんだん建物も老朽化してきます。
万が一の事態を避けるためにも、常に物件の状況は管理する必要があります。
ですが自分1人で物件を管理するのは、やや手間が大きいです。
ですからアパート経営している方々は、しばしば業者に代行依頼しています。
手間がかかる事は、確かに業者に任せる方が効率的です。
それと、賃貸の家賃回収です。
賃貸物件に入居してくれている方々からは、家賃を支払ってもらう必要があります。
ただ、稀に家賃の滞納があります。
経済状況が厳しい入居者の場合は、なかなか家賃の支払いが難しいケースもあります。
その場合は、入居者と話し合って家賃を回収しなければなりません。
しかし自力で回収するのは大変ですから、回収代行の業者に依頼している方々が多いです。

 つまりアパート経営する場合、色々コストがかかる訳です。
ところでアパート経営している方々は、たまに失敗しています。
その理由の1つは、上述のコストです。
予想していたよりも多くのコストがかかってしまったので、赤字になったという実例も多数見られます。
なぜ赤字になってしまうかと言うと、たいてい想定不足です。
例えば物件を購入する段階では、代行費用の合計額は毎月1万円ぐらいだと予想しました。
ところが物件の経営を開始してみると、実際には15000円や2万円といった数字になるケースはよくあります。
想定が不十分ですと、それぐらいコストが高く付いてしまう実例は、決して珍しくありません。
ですからアパート経営で成功したいなら、物件を購入する段階で、できるだけ慎重に代行費用を想定しておく必要があります。

 どうすれば適正なコストを想定できるかと言うと、例えばシミュレーションです。
不動産投資に関するサイトによっては、コストを算出する為のシステムがあります。
現にあるサイトでは、物件価格や支出額や表面利回りなどを入力するフォームがあります。
そのフォームに1つ1つ数字を入力して、所定のボタンをクリックしますと、大まかなコストを算出できます。
それとセミナーに参加してみる方法があります。
幸いにも多くの不動産業者は、アパート経営の要点を学べるセミナーも開催していますから、それに参加してみるのも悪くありません。
セミナーでは、上述の管理コストなどのノウハウも色々教えてくれます。
セミナーによっては、管理コストの現状などを教えてくれる事もあります。
ですからアパート経営で成功したい方々は、しばしばセミナーに参加しています。

次の記事へ