お役立ち!賃貸アパート経営☆ノウハウ集

top > 賃貸アパート経営の豆知識 > 賃貸物件の地震リスクとその主な対策

賃貸物件の地震リスクとその主な対策

 賃貸物件で家賃収入を得たいなら、リスク対策は考えておく必要があります。
アパート経営の代表的なリスクは、空室です。
入居者を確保し続けられるなら良いですが、何かの理由で入居者が集まりづらくなると、肝心の家賃が入ってきません。
そのリスクを低く抑えるためには、地域は慎重に選ぶ必要があります。
賃貸の需要が多い地域を選んでおかないと、赤字になってしまう可能性があります。
また災害リスクも要注意です。
ここ最近では、地震に関心を抱いている方々も増えつつあります。
大きな地震が発生すれば、住宅にヒビが入ってしまう可能性もありますし、倒壊する可能性もあります。
一旦ヒビが入ってしまえば、資産価値は大きく下がってしまいますから、入居者も集まりづらくなります。
アパート物件はよく選ぶべきです。

 アパート物件を選ぶ時は、築年数が一つのポイントになります。
古い建物は、少々注意を要します。
というのも地震に対する基準は、ある時期に変更されています。
新基準が採用されるまでの住宅は、耐震性はあまり強くありません。
旧基準が採用されているので、地震による倒壊リスクが高まってしまう訳です。
せっかく賃貸物件を買っても、地震で倒壊してしまうのは困ります。
ですから、よく新築のアパート物件が検討されています。
新築の物件ならば、ほぼ間違いなく最新の耐震基準が採用されているからです。
建物にも新しい雰囲気がありますし、入居者も比較的確保しやすい傾向があります。
販売価格は若干高めですが、地震リスクが低くなるメリットは大きいですし、新築のアパートは前向きに検討してみる価値があります。

 それと保険です。
万が一の事を考慮すると、地震保険に加入しておく方が望ましいです。
厳密には、地震保険は火災保険の一種になります。
火災保険には様々なジャンルがある訳ですが、そのジャンルの1つが地震保険になる訳です。
保険のメリットは、いざという時にお金がおりる事です。
たとえ大きな地震が発生して建物が倒壊した時でも、保険金はおります。
その保険金を使って建物を修理する事もできますし、保険に加入している方が、被害を最小限に抑えられる訳です。
確かに火災保険に加入するなら、保険金を支払い続けることになります。
その出費を気にしている方々も多いです。
しかし大きな地震は、今後発生する可能性は大いにあります。
万が一の時に大きな出費が生じるよりは、早めに保険に加入しておく方が無難です。

次の記事へ